DSpace
 

R-Cube >

ブラウズ : 著者 HONDA, Minoru

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 20 / 26
 次ページ >
刊行日付タイトル著者
201387年以降の20年間の社会統制法制 : 市民的自由に関する新自由主義の逆説朴, 智賢; 朴, 淑喜; 本田, 稔; PARK, Jihyun; PARK, Sukhee; HONDA, Minoru
6月-2017Die geschichtliche Entwicklung des Strafrechtsgedankes vom Neukantianismus zum Neuhegelianismus : Weiterführender Dialog mit der Vergangenheit des japanischen StrafrechtsHONDA, Minoru
6月-2016Ein Dialog mit der Vergangenheit des japanischen Strafrechts本田, 稔; HONDA, Minoru
6月-2014Über den rechtsphilosophischen Universalismus in der japanischen Strafrechtsgeschichte / eine kritische Betrachtung über den Strafrechsgedanken Seiichiro Onos in der Zweiten WeltkriegszeitHONDA, Minoru
6月-2015Zur Methode und zum Gegenstand des Geschichtsverständnisses im StrafrechtHONDA, Minoru
2011ヴァン・デル・ルッベ法 -「法律なければ犯罪はなく、刑罰もなし」の基本原則の意味に関する一考察エッピング, フォルカー; 本田, 稔; EPPING, Volker; HONDA, Minoru
8月-2015ディーター・ダイゼロート責任は実証主義にあったのか? : 1933年1月30日から80年目のテーマ「法律家とナチ体制」に関する評論本田, 稔; HONDA, Minoru
3月-2016ナチス刑法における法実証主義支配の虚像と実像本田, 稔; HONDA, Minoru
2011フリッツ・バウアーと1945年以降のナチ犯罪の克服ヴォヤーク, イルムトゥルード; 本田, 稔; 朴, 普錫; WOJAK, lrmtrud; HONDA, Minoru; PARK, Bo Seok
2013ベッカリーア : 刑法を批判し,強化する者ナウケ, ヴォルフガング; 本田, 稔; NAUCKE, Wolfgang; HONDA, Minoru
2013ユリウス・ビンダー(1870 - 1939年) : 帝国とナチスの間の法哲学者ドライアー, ラルフ; 本田, 稔; DREIER, Ralf; HONDA, Minoru
2015余罪の量刑判断の方法について本田, 稔; HONDA, Minoru
2012併合罪の一部の罪の確定裁判後に審理された余罪の量刑判断方法について本田, 稔; HONDA, Minoru
2012公職選挙法における候補者事後買収罪に関する一考察(1)本田, 稔; HONDA, Minoru
2012公職選挙法における候補者事後買収罪に関する一考察(2・完)本田, 稔; HONDA, Minoru
2013共同研究: 刑法における「学派の争い」の批判的検証本田, 稔; HONDA, Minoru
2010刑法史における法理学的普遍主義の展開本田, 稔; HONDA, Minoru
2013「『学派の争い』?」ナウケ, ヴォルフガング; 本田, 稔; NAUCKE, Wolfgang; HONDA, Minoru
-戦後西ドイツ刑法理論における不法概念の形成過程本田, 稔; HONDA, Minoru
2012日韓刑法理論史研究会(3・完) : 刑法のイデオロギー的基礎と法学方法論本田, 稔; HONDA, Minoru
検索結果表示: 1 - 20 / 26
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard