DSpace
 

R-Cube >

ブラウズ : 著者 OKUDA, Hiroshi

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 18 / 18
刊行日付タイトル著者
3月-20142013年の世界の外国為替市場における取引(BISと各国中央銀行の調査) / ユーロと人民元に注目しながら奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
6月-20142013年の日本の国際収支構造と為替需給 / 経常収支黒字の消滅,日本の国際収支表の分析方法奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
3月-20172016 年の世界の外国為替取引 : BIS と各国中央銀行の調査より奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
2月-2014アメリカの量的金融緩和政策と新たな国際信用連鎖の形成についての覚書 / BIS,IMFのSpillovers論の批判的検討奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
6月-2015グローバル・インバランス論と対米ファイナンスにおける日本と中国のちがい : 「円投」と「債務決済」に言及しながら奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
6月-2012ユーロ危機,対米ファイナンス,人民元建貿易などについて : 現代国際通貨体制をめぐるいくつかの検討課題奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
6月-2017「リフレ派」の「理論」とQQE の時期の為替相場の規定諸要因 : 「 リフレ派」の主張の変化、マネーストックの把握、原油・天然ガス輸入奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
3月-2016人民元の現状と「管理された国際化」奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
10月-2016南欧危機とユーロ体制の現実 : ギリシャ危機を踏まえて奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
6月-2016原油価格の低落と中国のドル準備の減少の中での対米ファイナンス : 国際マネーフローの変容についての覚書奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
10月-2014国民所得論におけるいくつかの論点 : 再生産論でのサービス部門と労働者の再生産奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
10月-2015国際収支の通貨区分と為替需給の分析の意義 : 拙稿へのコメントの検討奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
3月-2013現代国際通貨体制の分析と諸範疇の明確化 / 私の研究をふり返って奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
2月-2015社会的意識,「支配的思想」,国家の把握に関する小論 : 色川大吉氏の提起と下山三郎氏および藤田勇氏の史的唯物論の検討奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
3月-2010米資本収支の概念上の区分と2006年,08年の米経常赤字ファイナンスの困難性 -「ドル危機」は如何にして生まれるか奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
10月-2013経常収支,財政収支の基本的な把握 / 「国民経済計算」的視点の意義と限界奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
2月-2017量的・質的金融緩和政策と予想物価上昇、為替相場、株価 : その政策の「遺産」と「財政ファイナンス」に言及しながら奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
10月-2012香港での人民元取引と対外的な人民元決済の限界奥田, 宏司; OKUDA, Hiroshi
検索結果表示: 1 - 18 / 18

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard