DSpace
 

R-Cube >
042 先端総合学術研究科(Graduate School of CoreEthics and Frontier Sciences) >
a Core Ethics : コア・エシックス >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/10354

タイトル: いかに在宅看取りが選ばれるのか : 親の病院死と在宅死を経験した女性の語りから
その他のタイトル: What is Important to Realize the End-of-life Care at Home : A Narrative of a Woman Who Experienced Parents? Death at Hospital and at Home
著者: 桶河, 華代  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): OKEGAWA, Kayo  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学大学院先端総合学術研究科
記事種別: Journal Article
ISSN: 1880-0467
掲載雑誌名: Core Ethics : コア・エシックス
巻: 13
開始ページ: 235
終了ページ: 246
刊行年月: 2017
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/10354
出現コレクション:a Core Ethics : コア・エシックス

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ce_13_okegawa.pdf464.7 kBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard