DSpace
 

R-Cube >
901 立命館アジア太平洋研究センター(Ritsumeikan Center for Asia Pacific Studies (RCAPS)) >
a 紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/10486

タイトル: 「まち歩き」は学習者を変えるか ―― 地域とつながる言語教育の可能性――
その他のタイトル: Does “Machi-aruki” Change L2 Japanese Language Learners?: The Possibility of Localized Language Education
著者: 板橋, 民子  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
廣津, 公子  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): ITABASHI, Tamiko  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
HIROTSU, Koko  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
記事種別: Journal Article
掲載雑誌名: APU 言語研究論叢 = APU Journal of Language Research
巻: 3
開始ページ: 109
終了ページ: 123
刊行年月: 2017-12
著者版フラグ: author
URI: http://hdl.handle.net/10367/10486
出現コレクション:a 紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
8.Itabashi Tamiko & Hirotsu Kimiko(APLJ Vol.3) .pdf1.56 MBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard