DSpace
 

R-Cube >
011 法学部・法学研究科(College of Law / graduate school of Law) >
a 立命館法学 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/10548

タイトル: 手形金の償還請求,手形の引渡請求及び原因債権に基づく請求が争われた事例 (大阪地判平成28年9月21日金融・商事判例1503号30頁)
その他のタイトル: Redemption and Delivery of Promissory Notes and Claims Based on their Causal Transactions
著者: 品谷, 篤哉  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): SHINATANI, Tokuya  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学法学会
記事種別: Journal Article
ISSN: 0483-1330
掲載雑誌名: 立命館法学
巻: 373
開始ページ: 388
終了ページ: 408
刊行年月: 2017
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/10548
出現コレクション:a 立命館法学

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
j_373_shinatani.pdf946.85 kBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard