DSpace
 

R-Cube >
015 国際関係学部・国際関係研究科(College of International Relations / graduate school of International Relations) >
b 立命館国際関係論集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/4248

タイトル: フセイン政権崩壊後のイラクと国外避難民 : 「治安改善」がなぜ帰還を推進しないのか
その他のタイトル: Post-Saddam Husayn Iraq and its forced migrants : Why improvement of the security situation does not facilitate their return
著者: 円城, 由美子  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): ENJO, Yumiko  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学国際関係学会
記事種別: Journal Article
掲載雑誌名: 立命館国際関係論集
巻: 12
開始ページ: 21
終了ページ: 40
刊行年月: 2012-10
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/4248
出現コレクション:b 立命館国際関係論集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
isa_12enjyo.pdf3.88 MBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard