DSpace
 

R-Cube >
017 文学部・文学研究科(College of Letters / graduate school of Letters) >
a 立命館文学 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/5591

タイトル: 有意味な言語音は認知活動を最も妨害する聴覚刺激なのか?
その他のタイトル: Is Irrelevant Meaningful Speech the Most Distractive Auditory Stimulus on Cognitive Activities?
著者: 宮原, 道子  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): MIYAHARA, Michiko  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学人文学会
記事種別: Journal Article
ISSN: 0287-7015
掲載雑誌名: 立命館文学
巻: 636
開始ページ: 1089
終了ページ: 1079
刊行年月: 2014-03
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/5591
出現コレクション:a 立命館文学

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
L636_miyahara.pdf254.23 kBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard