DSpace
 

R-Cube >
105 立命館大学歴史都市防災研究所(Institute of Disaster Mitigation for Urban Cultural Heritage, Ritsumeikan University) >
b 京都歴史災害研究 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/8842

タイトル: 淀川の「大塚切れ」を探る : 堤防切断の連鎖と被害地域の拡大
その他のタイトル: Research of flood disaster,called‘Otsuka Gire 1917’ the collapsed embankment on Yodo River,Southwest Japan:The serious damage was caused by the succession of the artificial collapsed embankments
著者: 木谷, 幹一  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): Kitani, kannichi  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学歴史都市防災研究所 京都歴史災害研究会
記事種別: Journal Article
ISSN: 1349-3388
掲載雑誌名: 京都歴史災害研究
巻: 18
開始ページ: 29
終了ページ: 33
刊行年月: 2017
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/8842
出現コレクション:b 京都歴史災害研究

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hdsk_18_Kitani.pdf694.57 kBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard