DSpace
 

R-Cube >
103 人間科学研究所(Institute of Human Sciences ) >
a 立命館人間科学研究 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10367/915

タイトル: SEIQoL-DWの有用性と課題 -G. A. Kellyのパーソナル・コンストラクト・セオリーを参照して
その他のタイトル: SEIQoL-DW and constructionism: from the perspective of G. A. Kelly's personal construct theory
著者: 福田, 茉莉  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
サトウ, タツヤ  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
著者(別表記): FUKUDA, Mari  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
SATO, Tatsuya  >>RU教員DB検索  >>APU教員DB検索
出版者: 立命館大学人間科学研究所
記事種別: Journal Article
ISSN: 1346-678X
掲載雑誌名: 立命館人間科学研究
巻: 19
開始ページ: 133
終了ページ: 140
刊行年月: 2009-08
著者版フラグ: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10367/915
出現コレクション:紀要
a 立命館人間科学研究

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19_133.pdf574.18 kBAdobe PDFView!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard